収れん剤パラフェノールスルホン酸亜鉛

気温が高い日は、誰でも汗をかきます。
しかし、涼しい時でも顔に汗をかいてしまう人がいます。

 

 

顔の汗の原因は、人によって様々です。
汗というのは、一般的に全身から出るものです。

 

 

しかし、顔ばかり汗をかく人は、運動不足の可能性があります。
人間は、体温を調節するために発汗します。

 

 

汗を出すことで、熱を逃がして体温を調節します。
体温を調節するために汗を出しているのは、エクリン腺です。

 

 

運動不足が続くと、汗を分泌することが少なくなり、心臓から離れている部位の汗腺が眠った状態になってしまいます。
すると、体温を調節するために、顔から出る汗の量が増えるのです。

 

 

汗を抑える収れん剤では、パラフェノールスルホン酸亜鉛が有名です。

 

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛の顔の制汗剤としての効果とは、汗に含まれているタンパク質と凝固物を作ることで汗腺の出口をふさぎ、汗を抑える効果です。

 

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、制汗剤に含まれていることが多いです。

 

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛だけでも汗を抑える効果は十分です。

 

 

しかし、他の成分との相乗効果で、高い制汗効果を発揮する商品もあります。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、継続して使い続けることで、汗の量が減少したという報告があります。

 

 

最近は、パラフェノールスルホン酸亜鉛の他に、美容成分やアロマ成分を配合した制汗剤も販売されており、多くの女性の支持を集めています。
顔用の制汗剤の場合、化粧直しの時にも使うことができ、とても便利です。